介護事業の行く末~介護ユニフォームを着てみないか~

現代日本のビジネス

介護事業の開業と人材育成を推進しています

シニア

現在の日本社会には様々なビジネスがありますが、今後最も成長が見込まれている事業は介護関連であると見られています。既に顕在化している高齢化社会は、更に超高齢化社会に突入するため需要が増加し続けると見られているからです。 しかし、介護事業は現在は勿論、将来的な需要にも十分に対応できているとは言えません。政府は持続可能な介護制度の構築に取り組んでいますが、十分な人員が確保できていないことが課題となっています。民間企業は成長が見込める分野であるため、介護要員の育成に取り組むと共に従来からの介護事業者はノウハウを活用したFCによる収益の拡大と安定に取り組んでいます。特にデイサービスを中心とした小規模事業者にFCによる開業が顕著です。

FCによるリスクを低減した起業が可能です

介護事業と言っても事業内容は幅広く、保険の対象外の活動もあります。現在は保険適用事業を基本としたFC展開をする企業が多い傾向にあるため、FC加盟事業者の事業内容は必ずしも需要に対応しているとは言えませんが、将来性を見越して保険適用外事業のFC展開の拡大も増えていますから、起業するためには十分な将来性への見通しが必要になるでしょう。 FCによる起業はあらゆる業種で最も困難な創業当初のノウハウ不足や社会的信用を獲得するまでのリスクを軽減することが可能になります。FCを利用するためには介護事業者に加盟金と月々のロイヤリティを支払う必要があります。また、事業内容に応じた適切な施設・設備の設置や研修を適宜、受講することも一般的です。